年の瀬に ~振り返って2017~

■あっという間の一年だった

今年は、仕事でも私生活でも、良くも悪くも充実しまくりだった。
なんなら今年の1月あたりの感覚がまだ残ってるくらい。
えっ、もう終わり?みたいな。

■仕事について

仕事面では、仕事内容も求められる質も立場も、どんどん上がってきており、これまでの仕事の考え方や取り組み方じゃ太刀打ちできなくなってきた。
大変だけど、これで良いのだと思っている。
RPGでいうところの、敵めっちゃ強いけど経験値もいっぱいもらえるって感じ。
レベルを上げていきたいなと思っている。

■私生活について

私生活でいえば、9月にそれまで住んでた横浜から、川口に引っ越したことが一大イベントだった。
引っ越しを機に、これまでおざなりだった生活空間を整えることにもっと意識を向けるようになった。
おかげで、より文化的な生活を営めるようになってきたと実感している。

■表現することについて

おざなりだったといえば、もっと表現をしなければと思うようになった。
”思うようになった”っていうか、これまで何度も同じようなことを決意してはなおざりになっていったことなのだけど、それでもやっぱり表現することは大事なことなのだと、何度でも思い直している。

今年の目標の一つが、「言葉にする・形にする・アウトプットする」だった。
そういった思いの一環として、ブログがあった。
いまだに内容も書き方も試行錯誤している状態ではあるが、いい感じに機能していけるよう書き続けていきたいと思っている。
ネタとしては、2年越しに電験三種の記録を書けたのがよかったな。

あと、折り紙にこんなにハマるとは思ってなかった。
これがどこにどうなるのかはわからないけど、今の職場で今のままの朝礼が続く限り、作り続けてみようと思っている。

■来年に向けて

このように文字として出力するためには、いったん自分と向き合わねばならない。
ではこの自分と向き合うことをやろう、と思っていても、日々の忙しさややる気のなさ、しんどさから、まあいいやというふうにおざなりになってしまいがちである。

でもそうやって自分との約束を守らないでいることが、自分に対する信用を自ら失くしてしまう行為なのではないかと気づいた。
まずはそこからではないかと。
来年は、自分との信用を回復する年にしたいなと考えている。

■そんなわけで

今年もこんなようなブログにお付き合いいただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。m(_ _)m

【折り紙】鳥(酉)の折り紙

恒例の朝礼折り紙の挑戦の記録である。

■ブレードランナーのチキン


▲映画ブレードランナーより

映画ブレードランナーで出てくる折り紙の折り図が、ネットに公開されているのを発見した。

http://bladerunnerunicorn.com/Chicken_Diagrams.html

ユニコーンはもちろんのこと、ニワトリ(チキン)の折り図もあった。

以前ユニコーンや、2049の映画に出てた羊を折ったことから、ここはブレードランナーつながりでぜひともチキンを折らねばと思い挑戦した。


▲折ってみた

最後のほう(25~28)がよくわからなかった。
なんとか折ってみたものの、自立しない…
本家はちゃんと自立してたんだけどな。

安定感ないのは朝礼折り紙としては不適なので、ブレードランナーつながりはあきらめた。

■ニワトリ


▲お手本

▲折ってみた

折ってみたものの、これも立たないぞ?
立つのかもしれないけど、やはり安定感という点で不適。

■別のニワトリ


▲お手本

▲折ってみた

それっぽく、かつ安定している!
というわけで、こいつを採用することにした。

【折り紙】猿(申)の折り紙

■今回は猿

恒例の朝礼折り紙。
現在はテーマ干支で進行中。
前回は羊(未)だったので、今回は猿(申)に挑戦する。

■いろいろ折った

・日本猿

以前の記事でも書いたように、先日購入した「本格折り紙―入門から上級まで」をもとにして作成。
ぱっと見それっぽくてかわいい。
けれど、時間たつとだんだん足がへたってくる。
(紙を変えたらいいかもしれないけれど)

長時間放置される朝礼折り紙としてはあまり適さないと判断し、別の猿を折ることにした。

・ゴリラ

Origami: Gorilla ( Joseph Wu )

ちゃんと立ってそうということでのチョイス。
折るのがなかなか難しく、特に顔の表現に苦戦した。
顔はなんとかクリアしたものの、背中からお尻の表現のとこがうまく折れず、いじってるうちに破れつつあって、失敗である。

てか、スタートの折面すら逆だった。
(だって動画じゃ表裏わかんないんだもん)

・しっぽの長いサル

Origami Monkey (Jo Nakashima)

これなんかかわいいし、割と簡単そう!
と思ったけど、全然簡単じゃなかった。
とくに顔まわりの折り方が、初見じゃよくわからない。
そして、すこしのズレが大きく目立ってしまう。
なかなか難易度が高い。

うーむと思いつつ、なんとか折り進めて、とりあえず完成させた。

やはり形はかわいい、けどもうちょっときれいに折上げたかった。

なっとくいかーんてことでさらに別のに挑戦した。

・なんかかわいいサル

Origami Monkey Tutorial (Carlson Choo) – How to – Intermediate

これもかわいいチョイス。
でも折るのはやっぱり難しい、ていうか、動画が雑すぎてどう折っていいかわからない。
見切れてるし!カメラの外で折らないで!

しかも途中で謎の早送りがあって、全く折り方を追えないところもある。
英語なのでよくわからないのだけれど、コメ欄みたらやはり同じようなコメントがあって、それに対する返信を見たら、どうも他の動画で紹介してるから早送りにしたとのこと。
知るかよ!
関連動画でその折り方動画が出ててたので、なんとか折り進められた。

なかなかに複雑な折り方が多くて、しかも動画が雑なのでよくわからない。
なんとかついていったけれど、途中でほんとにわからなくなってしまい、あきらめた。


(もうムリ……)

■制作後記

ここまでの猿は全部一晩で折った。
どんだけだよって感じである。
ほんとへろへろだった。

いかんせん朝礼折り紙のリリースは翌朝だったので、唯一それっぽく折れてかつ長期保存(?)ききそうな「しっぽ長いサル」を、持っていくことにした。

ちなみに、後日このしっぽ長いサルにリベンジしたけれど、折れなかった……

この猿折り紙をきっかけに、折り紙の基本を学びたいなと思うようになった。

【折り紙】「本格折り紙」の本を買ってみた

■折り紙作家・前川淳氏の折り紙の本

折り方を探していると、折り紙作家・前川淳氏の名前をよくみかける。
氏が出している折り紙の本があって、これを参考にした折り紙動画とかけっこうあるのだ。
どうもこの筋ではすごい方らしい。

前川淳 折り紙&かたち散歩

その本さえあれば自分もすごいのが折れる……ッ!
という期待を抱かせるには十分の魅力に魅せられ、先日ついに購入してしまった。


(綾辻行人氏も絶賛している!)

■本について

こんなのも折れるんだ!という凝った作品の折り図がいっぱいあって、とても夢が膨らむ内容だ。
しかも、ただ折り方が載っているだけでなく、折り紙や折り方に関する説明や、幾何学的な解説なども載っており、とても読みごたえがある。

一応、入門編や初級編から載ってはいるものの、いわゆる「普通の折り紙作品」よりも折り方レベルは高いものが多いので、簡単にほいほい折れてしまうものでもない。

特に、最後に掲載されている、氏の代表作といえる「悪魔」なんかは、数ページにわたって折り図が掲載されており、ちょっと気軽に手が出せるものでもない。


(くだんの悪魔)

そんなわけで、いつか悪魔が折れるように、じっくり取り組んでいきたいと思っている。

■掲載されているやつで折ってみたやつ


(「鼠」)

(「リス」前足を若干下げてみた)

(「仕切り箱」中央の仕切りをきれいに引き出すのがコツがいりそう)

(「日本猿」)

※ちなみにこないだ挑戦した羊も、この本に掲載されている。

【折り紙】ブレードランナーと折り紙

■先日、ブレードランナー2049を観に行った。

映画は見応えがあっておもしろかった。
ちゃんと旧作のブレードランナーを観ておいたのも正解だった。

http://www.bladerunner2049.jp/

■映画に折り紙が出てくる

じつはこの映画、旧作も新作も、折り紙を折るキャラが登場する。
旧作では、チキン(ニワトリ)、ユニコーンなどが折られていた。


(映画『ブレードランナー』より)

映画観てて、折り紙のユニコーン出たとき、こないだ折ったやつじゃん!と思ってしまった。
(折り方ちょっと違うけど)

新作でもちょっとだけこのキャラが出ていて、相変わらず折り紙を折っていて、ちょっと嬉しかった。
新作で折られていたのが、羊だった。


(映画『ブレードランナー2049』より)

■この羊を折りたい!

映画見終わったあと、もうこの羊を折ってみたくてしょうがなくて、折り方はどこかにないかと探してみた。

Twitterでは、何人か折ってみたという人がいたけど、折り方まではわからなかった。
ただ、映画で折られていた羊のもとになっているのは、前川淳という折り紙作家さんの作品で、その羊には角があるということはわかった。
映画はそれをもとに、角のない羊にしているようだった。

検索ワードに「ブレードランナー2049」を入れても、折り方は出てきそうになかったので、youtubeで「origami sheep」で探してみたら、それっぽいのがあった!
(※けっこう海外の人が折り紙動画上げてるので、英語で探すと出てきやすい)

■折ってみた

いくつかあったので、動画見比べつつ何パターンか折ってみた。
基本的な折り方はどれもほぼ同じだが、最後の仕上げあたりが微妙に違っていた。
そんで、折ってみたのと映画に出てきたのと見比べると、なんかちがう。

(折ってみたやつ)

頭・かお回りが、どうも違うなぁ。
もちろん角なしはないので、そこは独自になんとか角を隠してみたけれど。

いろいろやってみたが、結局完全一致にはできなかったので、作れたとこまでで終わった。

(映画のやつ)(折ってみたやつ)

うん、これはこれでかわいいからいいか。

■折り方参考

■映画