【電験三種】合格体験記 その14(終) ~データでの振り返りと締めの言葉~

■データでの振り返り

勉強期間

2015年2月上旬~中旬、4月下旬~本番まで
約5ヵ月間

勉強時間

4月21日からの総勉強時間 約348時間
平日平均1~3時間
休日平均5~8時間
1日最高勉強時間 10時間45分(9/5)


(studyplus マイデータより)

紙消費量と書いた面積

使ったノート(B5) 12.5冊
使った紙(※) 545mm×792mm×19枚≒8.2m2
※当時、梱包材用の無地のでかい紙がたまたまうちにあったので
B2サイズ515mm×728mmの約1.15倍の大きさ


▲こんなかんじ。全部は広げきれない。

▲でかい紙にちまちま書いて埋めていくのはちょっと楽しかった

でかい紙 約8.2m2+B5ノート 約35.9m2(※)=44.1m2
※ノート使用量内訳
通常ページ (30枚×12冊+18枚)×2(両面)=756P
ノート表紙裏 (3+1+2+1+1+1+2)=11P
(756P+11P)×B5(0.182m×0.257m)=767×0.046774m2
=35.875658m2
≒35.9m2

使ったテキスト

※アマゾンのリンクが正常でない場合は、画面をリロードしてもらうと正常に表示されます。

・電験三種完全攻略[改定4判](オーム社)

・スイスイわかる理論・電力・機械・法規 (電気書院)

・2015年電験三種合格ブック(新電気2015年6月号付録)
・電験三種○×判定トレーニング(新電気2015年7月号付録)

使った問題集

・電験三種書き込み式計算問題ドリル(翔泳社)

・平成27年度版電験3種過去問題集(電気書院)
※リンクは平成30年度版

買ってた雑誌

・新電気2015年1月号~9月号(オーム社)
http://www.ohmsha.co.jp/sindenki/

eラーニング

・JMAM eラーニング(日本能率協会マネジメントセンター)
http://www.jmam.co.jp/hrm/elearning_lib/course/lib_all_list_ja.html
勉強時間:
 5時間33分
主な受講内容:
 電気の基礎コース
電気の基礎コース
Ⅱ(交流回路編)
電気の基礎コースⅢ(三相交流編)
電験3種合格講座 理論の要点
電験3種合格講座 電力の要点
電験3種合格講座 機械の要点

セミナー・勉強会

・翔泳社主催セミナー1回
「電験三種入門講習会「はじめての電験三種」」
https://www.denken3.com/denken_seminar/

・オーム社主催勉強会1回
「電験三種突破研究会」
http://www.ohmsha.co.jp/toppaken/info.htm

■脱線

実は、脱線もかなりしておりまして。
なんか勉強始める前って、漫画とか読みたくなりますよね。
しかもなぜかこういうときに限って、長編漫画とか読みだしちゃうんですよね。

・のだめカンタービレ(二ノ宮知子・著)全25巻

・ぼくの地球を守って(日渡早紀・著)全21巻

・神さまのつくりかた。(高田信一郎)全14巻

他たくさん……

■締めの言葉

てなかんじで、長々と語ってまいりました。

あくまでも私の経験談ですので、別にこうしなきゃいけないってわけでもないです。
ただ、私の信念として、難しいとはいえ所詮は試験、内容が理解できて問題が解ければ必ず受かります。
そこに至る方法として、自分に合ったアプローチができればいいんじゃないかなと思っています。
そのアプローチの一例として、自分の体験を語ってみたつもりです。
心構えだったり、教材だったり、勉強量だったり、一つの目安として受け取ってもらえればと思います。

これらの記事が何かしらの参考になれば幸いです。

■これまでのおはなしは全てこちらにまとめています

・【電験三種】合格体験記 ~まとめ~

【感想】小玉ユキ『月影ベイベ』9巻【漫画】

【感想】谷川史子『はじめてのひと』(1、2巻)【漫画】

待望の谷川先生の新刊が発売された。

そのうちの1冊『はじめてのひと2』を読むにあたって、1巻から読み返してみたのだが、なんというか目からウロコ感があった。

購入した当時の読んだ感じは、正直あまりピンときていなかった。
先ほど読み返してみて、前の自分は全然読めてなかったんだと気づいた。

自然な感情、トリガーとなる些細な出来事、感情が流れ増幅していくさりげない描写や間、そしてエピソード。
こんなにも繊細で丁寧に作り上げられていたのかと、今さら気づいて、驚いたのだ。谷川先生ごめんなさい!って感じ。
(※ちなみにこの「谷川先生ごめんなさい!」感は過去にもあったのだけど、それはまた別の機会に語ります)

そして新刊の『はじめてのひと2』。

1の後半から登場の与(くみ)と諏訪内(すわない)のお話が展開されていくのだが、これがまた繊細さにドラマチックさが組み合わさって、さながら重厚な音楽の演奏を聞いているかのように盛り上がっていくのである。

与の恋の始まり・盛り上がりの華やかで明るい主旋律と、物語の当初からさりげなく敷かれていた諏訪内の秘密という暗い伏線の旋律。
この主旋律の起伏と入れ替わり交り合い、さらに周りの人間関係のという副旋律との対比によってより主旋律の感情が際立って、というこの構成の妙!
ていうか”沼”感!
読みながらにやにやしたり、うわあああと身もだえたり、はふーんとしたり……
ああ、たまりませんでした。

このあと、もう一つの新刊『谷川史子告白物語おおむね全部』を読むのが、ものすごく楽しみである。