篠原美也子さんの25周年ライブが最高だった話

 

はじめに

先日開催された篠原美也子さんのデビュー25周年ライブが、たまらなく最高でした。
この感動が消えてしまうのがもったいないので、記憶を書き留めておこうと思います。

私にとっての篠原美也子さんとは

高確率で「誰それ?」ってなると思うので、私目線で紹介しておきます。

篠原美也子さんは、東京都出身のシンガーソングライターです。
現在1児の母でもあります。
1993年にデビュー、98年までメジャーで活動。その後インディーズを経て、2010年よりセルフレーベルを立ち上げ作品をリリースされています。

篠原美也子オフィシャルHP
http://www.room493.com/

私が美也子さんを知ったのは今から16年ほど前。当時私は19歳でした。
その頃の美也子さんは、メジャー契約が終わって、ライブ活動を再開してたころにあたります。
ちなみに、メジャー時代から知っているファンを戦前派、メジャー後に知ったファンを戦後派と言ったりするのですが、私は戦後派に該当します。

私にとって、美也子さんの魅力のひとつは、なんといっても歌詞です。
人の持つ弱さや、負けたときの悔しさ、仕事をして生きていく中での焦りや葛藤を描写した歌詞に、まるで自分のことが歌われているような感覚を覚えてしまします。
そして、踏みとどまって戦う姿、立ち向かう勇気、誇りや矜持が盛り込まれていて、かっこいいのです。
各種スポーツも大好きで、選手の思いを描いたり、それを見つめる視点を描いたり、さらにそこから普遍的な愛を描いたりと、なんとも懐が深いです。

そんな歌詞を、すこし低く深い歌声で歌ってくれるのがたまらなくしびれるのです。
美也子さんはよく姉さんとか姉御とか呼ばれているのですが、まさにそんな感じです。

また、話のおもしろさには定評があって、メジャー時代はオールナイトニッポンのパーソナリティを務めていたこともありました。
ライブでもけっこうしゃべってくれて、歌とMCが半々くらいじゃないかってくらいしゃべります。

さらに、お酒好きで知られていて、自宅で飲みながらしゃべってる姿をUSTで配信する「居酒屋みやこ」なるものもたまにやってます。

などなど、他にもいろいろあるんですが、その生き様が素敵でかっこよくておもしろくて、美也子さんの歌が好きっていうか、もう美也子さんが好きでずっと追っかけてるって感じです。

ライブについて

そんな美也子さんのデビュー25周年のワンマンライブが行われるとあっては、こりゃ行かいでか!てなわけで行ってきました。

2018年4月21日(土)、TSUTAYA O-WESTにて行われました。
タイトルは「海の底、空の果て」。


お客さんいっぱい!

その日は張り切って、みやこ商店のトートバッグで出陣しました。


オフィシャルグッズ

入ってまず、「豪華な粗品」(本人談)であるタオルをいただきました。


「雑巾にして使って」(美也子さん)

ステージは、正面にマイク付きのキーボード、後ろにドラムなどのバンドセットが控えていました。

開場から一時間(!)して、開演しました。

以下ざっくりもくじです。
・第一部のこと
・第二部のこと(サプライズゲストやばい)
・アンコールのこと
・まとめ
・セトリ

【長文注意】ここからは私の思い入れと思い出中心に語ってまいります。

“篠原美也子さんの25周年ライブが最高だった話” の続きを読む

年の瀬に ~振り返って2017~

■あっという間の一年だった

今年は、仕事でも私生活でも、良くも悪くも充実しまくりだった。
なんなら今年の1月あたりの感覚がまだ残ってるくらい。
えっ、もう終わり?みたいな。

■仕事について

仕事面では、仕事内容も求められる質も立場も、どんどん上がってきており、これまでの仕事の考え方や取り組み方じゃ太刀打ちできなくなってきた。
大変だけど、これで良いのだと思っている。
RPGでいうところの、敵めっちゃ強いけど経験値もいっぱいもらえるって感じ。
レベルを上げていきたいなと思っている。

■私生活について

私生活でいえば、9月にそれまで住んでた横浜から、川口に引っ越したことが一大イベントだった。
引っ越しを機に、これまでおざなりだった生活空間を整えることにもっと意識を向けるようになった。
おかげで、より文化的な生活を営めるようになってきたと実感している。

■表現することについて

おざなりだったといえば、もっと表現をしなければと思うようになった。
”思うようになった”っていうか、これまで何度も同じようなことを決意してはなおざりになっていったことなのだけど、それでもやっぱり表現することは大事なことなのだと、何度でも思い直している。

今年の目標の一つが、「言葉にする・形にする・アウトプットする」だった。
そういった思いの一環として、ブログがあった。
いまだに内容も書き方も試行錯誤している状態ではあるが、いい感じに機能していけるよう書き続けていきたいと思っている。
ネタとしては、2年越しに電験三種の記録を書けたのがよかったな。

あと、折り紙にこんなにハマるとは思ってなかった。
これがどこにどうなるのかはわからないけど、今の職場で今のままの朝礼が続く限り、作り続けてみようと思っている。

■来年に向けて

このように文字として出力するためには、いったん自分と向き合わねばならない。
ではこの自分と向き合うことをやろう、と思っていても、日々の忙しさややる気のなさ、しんどさから、まあいいやというふうにおざなりになってしまいがちである。

でもそうやって自分との約束を守らないでいることが、自分に対する信用を自ら失くしてしまう行為なのではないかと気づいた。
まずはそこからではないかと。
来年は、自分との信用を回復する年にしたいなと考えている。

■そんなわけで

今年もこんなようなブログにお付き合いいただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。m(_ _)m

【折り紙】鳥(酉)の折り紙

恒例の朝礼折り紙の挑戦の記録である。

■ブレードランナーのチキン


▲映画ブレードランナーより

映画ブレードランナーで出てくる折り紙の折り図が、ネットに公開されているのを発見した。

http://bladerunnerunicorn.com/Chicken_Diagrams.html

ユニコーンはもちろんのこと、ニワトリ(チキン)の折り図もあった。

以前ユニコーンや、2049の映画に出てた羊を折ったことから、ここはブレードランナーつながりでぜひともチキンを折らねばと思い挑戦した。


▲折ってみた

最後のほう(25~28)がよくわからなかった。
なんとか折ってみたものの、自立しない…
本家はちゃんと自立してたんだけどな。

安定感ないのは朝礼折り紙としては不適なので、ブレードランナーつながりはあきらめた。

■ニワトリ


▲お手本

▲折ってみた

折ってみたものの、これも立たないぞ?
立つのかもしれないけど、やはり安定感という点で不適。

■別のニワトリ


▲お手本

▲折ってみた

それっぽく、かつ安定している!
というわけで、こいつを採用することにした。

【折り紙】猿(申)の折り紙

■今回は猿

恒例の朝礼折り紙。
現在はテーマ干支で進行中。
前回は羊(未)だったので、今回は猿(申)に挑戦する。

■いろいろ折った

・日本猿

以前の記事でも書いたように、先日購入した「本格折り紙―入門から上級まで」をもとにして作成。
ぱっと見それっぽくてかわいい。
けれど、時間たつとだんだん足がへたってくる。
(紙を変えたらいいかもしれないけれど)

長時間放置される朝礼折り紙としてはあまり適さないと判断し、別の猿を折ることにした。

・ゴリラ

Origami: Gorilla ( Joseph Wu )

ちゃんと立ってそうということでのチョイス。
折るのがなかなか難しく、特に顔の表現に苦戦した。
顔はなんとかクリアしたものの、背中からお尻の表現のとこがうまく折れず、いじってるうちに破れつつあって、失敗である。

てか、スタートの折面すら逆だった。
(だって動画じゃ表裏わかんないんだもん)

・しっぽの長いサル

Origami Monkey (Jo Nakashima)

これなんかかわいいし、割と簡単そう!
と思ったけど、全然簡単じゃなかった。
とくに顔まわりの折り方が、初見じゃよくわからない。
そして、すこしのズレが大きく目立ってしまう。
なかなか難易度が高い。

うーむと思いつつ、なんとか折り進めて、とりあえず完成させた。

やはり形はかわいい、けどもうちょっときれいに折上げたかった。

なっとくいかーんてことでさらに別のに挑戦した。

・なんかかわいいサル

Origami Monkey Tutorial (Carlson Choo) – How to – Intermediate

これもかわいいチョイス。
でも折るのはやっぱり難しい、ていうか、動画が雑すぎてどう折っていいかわからない。
見切れてるし!カメラの外で折らないで!

しかも途中で謎の早送りがあって、全く折り方を追えないところもある。
英語なのでよくわからないのだけれど、コメ欄みたらやはり同じようなコメントがあって、それに対する返信を見たら、どうも他の動画で紹介してるから早送りにしたとのこと。
知るかよ!
関連動画でその折り方動画が出ててたので、なんとか折り進められた。

なかなかに複雑な折り方が多くて、しかも動画が雑なのでよくわからない。
なんとかついていったけれど、途中でほんとにわからなくなってしまい、あきらめた。


(もうムリ……)

■制作後記

ここまでの猿は全部一晩で折った。
どんだけだよって感じである。
ほんとへろへろだった。

いかんせん朝礼折り紙のリリースは翌朝だったので、唯一それっぽく折れてかつ長期保存(?)ききそうな「しっぽ長いサル」を、持っていくことにした。

ちなみに、後日このしっぽ長いサルにリベンジしたけれど、折れなかった……

この猿折り紙をきっかけに、折り紙の基本を学びたいなと思うようになった。

【折り紙】「本格折り紙」の本を買ってみた

■折り紙作家・前川淳氏の折り紙の本

折り方を探していると、折り紙作家・前川淳氏の名前をよくみかける。
氏が出している折り紙の本があって、これを参考にした折り紙動画とかけっこうあるのだ。
どうもこの筋ではすごい方らしい。

前川淳 折り紙&かたち散歩

その本さえあれば自分もすごいのが折れる……ッ!
という期待を抱かせるには十分の魅力に魅せられ、先日ついに購入してしまった。


(綾辻行人氏も絶賛している!)

■本について

こんなのも折れるんだ!という凝った作品の折り図がいっぱいあって、とても夢が膨らむ内容だ。
しかも、ただ折り方が載っているだけでなく、折り紙や折り方に関する説明や、幾何学的な解説なども載っており、とても読みごたえがある。

一応、入門編や初級編から載ってはいるものの、いわゆる「普通の折り紙作品」よりも折り方レベルは高いものが多いので、簡単にほいほい折れてしまうものでもない。

特に、最後に掲載されている、氏の代表作といえる「悪魔」なんかは、数ページにわたって折り図が掲載されており、ちょっと気軽に手が出せるものでもない。


(くだんの悪魔)

そんなわけで、いつか悪魔が折れるように、じっくり取り組んでいきたいと思っている。

■掲載されているやつで折ってみたやつ


(「鼠」)

(「リス」前足を若干下げてみた)

(「仕切り箱」中央の仕切りをきれいに引き出すのがコツがいりそう)

(「日本猿」)

※ちなみにこないだ挑戦した羊も、この本に掲載されている。

【折り紙】ブレードランナーと折り紙

■先日、ブレードランナー2049を観に行った。

映画は見応えがあっておもしろかった。
ちゃんと旧作のブレードランナーを観ておいたのも正解だった。

http://www.bladerunner2049.jp/

■映画に折り紙が出てくる

じつはこの映画、旧作も新作も、折り紙を折るキャラが登場する。
旧作では、チキン(ニワトリ)、ユニコーンなどが折られていた。


(映画『ブレードランナー』より)

映画観てて、折り紙のユニコーン出たとき、こないだ折ったやつじゃん!と思ってしまった。
(折り方ちょっと違うけど)

新作でもちょっとだけこのキャラが出ていて、相変わらず折り紙を折っていて、ちょっと嬉しかった。
新作で折られていたのが、羊だった。


(映画『ブレードランナー2049』より)

■この羊を折りたい!

映画見終わったあと、もうこの羊を折ってみたくてしょうがなくて、折り方はどこかにないかと探してみた。

Twitterでは、何人か折ってみたという人がいたけど、折り方まではわからなかった。
ただ、映画で折られていた羊のもとになっているのは、前川淳という折り紙作家さんの作品で、その羊には角があるということはわかった。
映画はそれをもとに、角のない羊にしているようだった。

検索ワードに「ブレードランナー2049」を入れても、折り方は出てきそうになかったので、youtubeで「origami sheep」で探してみたら、それっぽいのがあった!
(※けっこう海外の人が折り紙動画上げてるので、英語で探すと出てきやすい)

■折ってみた

いくつかあったので、動画見比べつつ何パターンか折ってみた。
基本的な折り方はどれもほぼ同じだが、最後の仕上げあたりが微妙に違っていた。
そんで、折ってみたのと映画に出てきたのと見比べると、なんかちがう。

(折ってみたやつ)

頭・かお回りが、どうも違うなぁ。
もちろん角なしはないので、そこは独自になんとか角を隠してみたけれど。

いろいろやってみたが、結局完全一致にはできなかったので、作れたとこまでで終わった。

(映画のやつ)(折ってみたやつ)

うん、これはこれでかわいいからいいか。

■折り方参考

■映画

【電験三種】合格体験記 ~まとめ~

■合格体験記 ~まとめ~

・電験3種に挑戦します!

・【電験三種】合格体験記 その0 ~はじめにあとがき~

・【電験三種】合格体験記 その1 ~とりあえず結果発表~

・【電験三種】合格体験記 その2 ~挫折からの発心~

・【電験三種】合格体験記 その3 ~武器の調達と戦略~

・【電験三種】合格体験記 その4 ~テキストの読み方~

・【電験三種】合格体験記 その5 ~勉強のはじまり(理論・電力)~

・【電験三種】合格体験記 その6 ~講習会で学んだこと~

・【電験三種】合格体験記 その7 ~計算のコツ2つ~

・【電験三種】合格体験記 その8 ~機械・法規の勉強~

・【電験三種】合格体験記 その9 ~過去問の取り組み方~

・【電験三種】合格体験記 その10 ~試験前日の過ごし方~

・【電験三種】合格体験記 その11 ~試験の感想~

・【電験三種】合格体験記 その12 ~意識の持ち方・勉強の仕方~

・【電験三種】合格体験記 その13 ~おすすめアイテム~

・【電験三種】合格体験記 その14(終) ~データでの振り返りと締めの言葉~

以上!
Good Luck!!

【電験三種】合格体験記 その14(終) ~データでの振り返りと締めの言葉~

■データでの振り返り

勉強期間

2015年2月上旬~中旬、4月下旬~本番まで
約5ヵ月間

勉強時間

4月21日からの総勉強時間 約348時間
平日平均1~3時間
休日平均5~8時間
1日最高勉強時間 10時間45分(9/5)


(studyplus マイデータより)

紙消費量と書いた面積

使ったノート(B5) 12.5冊
使った紙(※) 545mm×792mm×19枚≒8.2m2
※当時、梱包材用の無地のでかい紙がたまたまうちにあったので
B2サイズ515mm×728mmの約1.15倍の大きさ


▲こんなかんじ。全部は広げきれない。

▲でかい紙にちまちま書いて埋めていくのはちょっと楽しかった

でかい紙 約8.2m2+B5ノート 約35.9m2(※)=44.1m2
※ノート使用量内訳
通常ページ (30枚×12冊+18枚)×2(両面)=756P
ノート表紙裏 (3+1+2+1+1+1+2)=11P
(756P+11P)×B5(0.182m×0.257m)=767×0.046774m2
=35.875658m2
≒35.9m2

使ったテキスト

※アマゾンのリンクが正常でない場合は、画面をリロードしてもらうと正常に表示されます。

・電験三種完全攻略[改定4判](オーム社)

・スイスイわかる理論・電力・機械・法規 (電気書院)

・2015年電験三種合格ブック(新電気2015年6月号付録)
・電験三種○×判定トレーニング(新電気2015年7月号付録)

使った問題集

・電験三種書き込み式計算問題ドリル(翔泳社)

・平成27年度版電験3種過去問題集(電気書院)
※リンクは平成30年度版

買ってた雑誌

・新電気2015年1月号~9月号(オーム社)
http://www.ohmsha.co.jp/sindenki/

eラーニング

・JMAM eラーニング(日本能率協会マネジメントセンター)
http://www.jmam.co.jp/hrm/elearning_lib/course/lib_all_list_ja.html
勉強時間:
 5時間33分
主な受講内容:
 電気の基礎コース
電気の基礎コース
Ⅱ(交流回路編)
電気の基礎コースⅢ(三相交流編)
電験3種合格講座 理論の要点
電験3種合格講座 電力の要点
電験3種合格講座 機械の要点

セミナー・勉強会

・翔泳社主催セミナー1回
「電験三種入門講習会「はじめての電験三種」」
https://www.denken3.com/denken_seminar/

・オーム社主催勉強会1回
「電験三種突破研究会」
http://www.ohmsha.co.jp/toppaken/info.htm

■脱線

実は、脱線もかなりしておりまして。
なんか勉強始める前って、漫画とか読みたくなりますよね。
しかもなぜかこういうときに限って、長編漫画とか読みだしちゃうんですよね。

・のだめカンタービレ(二ノ宮知子・著)全25巻

・ぼくの地球を守って(日渡早紀・著)全21巻

・神さまのつくりかた。(高田信一郎)全14巻

他たくさん……

■締めの言葉

てなかんじで、長々と語ってまいりました。

あくまでも私の経験談ですので、別にこうしなきゃいけないってわけでもないです。
ただ、私の信念として、難しいとはいえ所詮は試験、内容が理解できて問題が解ければ必ず受かります。
そこに至る方法として、自分に合ったアプローチができればいいんじゃないかなと思っています。
そのアプローチの一例として、自分の体験を語ってみたつもりです。
心構えだったり、教材だったり、勉強量だったり、一つの目安として受け取ってもらえればと思います。

これらの記事が何かしらの参考になれば幸いです。

■これまでのおはなしは全てこちらにまとめています

・【電験三種】合格体験記 ~まとめ~

【電験三種】合格体験記 その13 ~おすすめアイテム~

■これまでのおはなし

・【電験三種】合格体験記 ~まとめ~

■勉強に役立ったアイテム紹介

自分が勉強に使って役立ったものを紹介します。

<アプリ >

Studyplus(スタディプラス)
https://studyplus.jp/

自分の勉強時間を記録したいなと思い、使ったのがこのアプリでした。
たった1分でも、ちょっとずつ勉強時間が蓄積されていくのが楽しいです。
自分がどれだけやったのかが見えるのが達成感につながって、もっとやろうって気になりました。

私はこれしか使ってないですが、お勉強アプリはいろいろあるので、自分に合ったものを使うのがよいです。

<電卓>

試験は電卓使用可ですが、関数電卓は使えません。
普通の電卓といっても、仕様の違いでピンからキリまであります。

私が使ったのはこちら。

メーカー:CASIO 型番:MW-12A-N

いろいろ選んだ結果、いつも仕事で使ってるこの電卓がベターだなと思い購入しました。

使い慣れたものを選ぶのもよいですが、ある程度の機能が備わっているもののほうがよりよいかと思います。

機能としては、まずルート計算機能はマストです。

あと、あると便利なのが、「-」や「÷」の2回押しで計算順序変わる機能です。

実際の試験では、ある値を求めたあと、その値を別の値から引いたり割ったりすることがよくあります。
そんなときこの機能があれば、値をメモして打ち直さなくても、「-」や「÷」をポポンと押すだけで次式の計算ができるのです。

たとえば、12-8=4 のあとに、 24÷4=6 としたい場合
普通は、
①②-⑧=「4」 AC ②④÷④=「6」
と操作しなければいけないところを、この2回押しの機能があると、
①②-⑧=「4」÷÷②④=「6」
というふうにできるのです!


○数字……電卓ボタン
「」数字……電卓表示数字
AC……オールクリア

<雑誌>

新電気(オーム社)
http://www.ohmsha.co.jp/sindenki/

私は2015年1月号から購読しました。
だいたい1月号から、その年の電験三種対策コーナーが始まるようです。
それとは別に、連載記事も充実しており、とても勉強になります。
さらに、付録でポケットサイズのテキストや○×問題集、解説付きの前年の過去問がついてきたりと、なかなかの充実っぷりです。

私の場合は、次の付録が重宝しました。

2015年電験三種合格ブック(新電気2015年6月号付録)

電験三種○×判定トレーニング(新電気2015年7月号付録)

ちなみに。。。

オーム社は毎年、「電験三種突破研究会」という勉強会をやっています。
http://www.ohmsha.co.jp/toppaken/denken3/

新電気に連載している4人の講師による4教科の要点解説が聞けます。
入場無料ですが、テキストとして最新号の付録の電験三種合格ブックが必要になります。
持ってないと会場で買うことになるので、雑誌買ってる人は、行くなら忘れず持っていったほうが良いです。

基本的にはテキストに書いてある内容の説明が中心で、行ったからといって劇的に理解度が上がるものでもないと思います。
なので、一人で勉強できるのであれば、あえて行く必要もないかなと思いました。
ただ、講師に直接質問ができる時間もあるみたいだし、なんならサインももらえるので(!)、行ってみてもよいかと思います。

 

次回、何をどれだけやったか、もろもろデータで振り返ってみます。

→【電験三種】合格体験記 その14

 

【電験三種】合格体験記 その12 ~意識の持ち方・勉強の仕方~

■これまでのおはなし

・【電験三種】合格体験記 ~まとめ~

■意識の持ち方

前提として、本気で試験に受かるぞ!と決意してください。

受かったらいいなー程度のぬるい態度で受かるほどには、甘くないです。

(超効率的に勉強できて理解できるのであれば問題ないですけど!)

すなわち、試験当日まで、空いた時間は(基本的に)すべて電験三種にささげる覚悟が必要です。

これはつまり、自分の中の優先順位をあらかじめ決めておくということです。

たとえば休日、特に用事もなく一日自由に使っていい時間ができたとき、何をするか。
それか平日であっても、案外スキマ時間ってあるものですが、そのちょっとした時間に何をするか。
こういう余裕があるときに、「急ぎじゃないけど大事なこと」に着手するのって、けっこう難しいと思います。
「とりあえず」スマホ見たり、テレビ見たり、etc……で気づけばもはや勉強する気はなくなって……というのはよくある話ではないでしょうか。

そのための、決意であり、優先順位決めなのです。
とにかく電験三種の勉強に取り組む、テキストを読む、問題を解く、と決めてしまう。
で、時間ができたらそれに取り組む。
そうすることで勉強する習慣ができてきます。

私の場合は、受験勉強していた当時、通勤時間が片道1時間半くらいでした。
まずその往復の時間は勉強に充てていました。
朝はテキスト開いて15分くらいで寝落ちすることしばしばでしたが、帰りは割とがんばって取り組んでました。
ちなみに、行きは座ることができましたが、帰りはほとんど立ちっぱでした。
そんな中でも、テキストとノート開いて問題解いたりしてました。
やると決めてしまうと、案外やれてしまうものだなと思いました。

■ぜひ一発合格を狙ってみて

あと、電験は科目合格制度があって、合格した科目は次々回の受験まで有効ですが、最初からそれ前提の計画は立てないほうが賢明だと思います。

たとえば、最初に理論、翌年電力と法規、最後に機械を取るようにしよう、としたとして、はたしてどれだけ計画通りに勉強を進められ、試験に受かることができるかどうか。
これはつまり、1教科でも落すと、受験スパイラルに陥る危険性をはらんでいます。

どうせなら、1回で全て受かるつもりで勉強に取り組み、落ちた教科があれば、そこを翌年重点的に、としたほうが作戦としてはベターだと思います。

4教科分かれてはいるものの、それぞれ連動してはいるので、同時に勉強するのは無理なことでもないと思います。

■試験対策

とにかく時間との勝負です。
ちんたら解いてたら絶対に間に合いません。
なので詰まったら飛ばす勢いで解き進めてください。
とくに理論は、毎年必ず2,3問は変な問題が出るので、解けたらラッキーくらいに思っておいたほうがいいです。

速さと同様に大事なのが、正解率です。
ケアレスミスを極力しないように注意が必要です。
とくに途中計算は、あとから見返してすぐに確認できるよう、あえて丁寧に書いておいたほうがよいです。
実際、そのおかげで自分は何問か救われました。
解いた問題で確実に正解を取れれば、数問解けなくても合格ラインは超えられます。

とはいえ時間の兼ね合いもあるので、途中計算はわかるようにきちんと書きながらも、素早く解く、としなければなりません。
そんなようなところを意識して、時間を計りながら過去問を解きまくるのがよいかと思います。

→【電験三種】合格体験記 その13