【コミティア110】楽しさの理由

いまだに11月のイベントの話をしてて恐縮ですが、年内に振り返りをまとめておこうと思います。

理想と実際の比較

もともと、今回のコミティアに向けて、やりたかったことがありました。
 1.スケジュールを立てて、締め切り前にばたばたしない制作をしたい
 2.アナログで描きたい
 3.背景本をつくりたい

その上で、今回の目標はなんだったかというと
 4.自分一人で、きちんと作って、売ること

いつもおざなりになっている部分、「製本して・売ること」までちゃんとフォーカスしてやりたかったのです。

では、実際どうだったか。 “【コミティア110】楽しさの理由” の続きを読む

萌管イラストの制作過程

MOEKAN_001.web

こんにちは。藤川です。

自分は普段、何気なくラクガキしたり、たくさん絵を描いたりするようなタイプじゃありません。
どちらかといえば、「さあ描くぞ」と決めて描くタイプです。
なので寡作です。
(といえばなんかこう、作家性みたく見えるでしょ)

そんな自分が先日のコミティア110にてイラスト本を発表しました。
当たり前ですが、イラスト本を出すためには、イラストをいくらか描かなければいけません。
これまで久しく一枚絵なぞ仕上げていなかったため、その一枚を仕上げるプロセスが、とても気になりました。
というわけで、作成プロセスのログをとっていたので、それを公開してみます。 “萌管イラストの制作過程” の続きを読む

【コミティア110】ごあいさつ

2014-11-30 16.31.54

こんにちは!藤川です。

11月23日のコミティア110、無事に終わりました。
おかげさまで、なんとか配管萌え本を出すことができました。

当スペースに立ち寄ってくださった皆さま、ありがとうございました。
また、本を購入して頂きまして、ありがとうございます。
今後もよりよい配管をお届けできるよう、精進してまいりますので、よろしくお願いします。

というわけで、約2カ月かけたプロジェクトは、無事終了いたしました。

ギャラリーに、今回作った本のイラストをアップしましたので、どうぞご覧ください。
(おまけでポスターとフリーペーパーも載せてます)

http://y-pon2.com/works/illustration/

当日の感想や制作のあれこれについては、後日改めてご報告いたします~。

【報告】絵の練習進捗状況 (07.02~08.16)

(前回までのあらすじ)

絵の練習をまた始めたよ!

今回の練習内容

  1. ポーズ集で人体を模写(なるべく全身)
  2. ポーズ集を見ないで、同じポーズをもう1体描く
  3. さらに同じポーズをもう1体描く
  4. 3体目に描いたもので、ペン入れする
  5. これを100パターン描く
  • 制限時間はなしで、ちゃんと描く
  • ついでに色も塗ってみる(優先順位は上から下)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というような練習を、7月から取り組み始めました。

さすがに仕事が始まってからペースは落ちてしまいましたが、ちまちま続けています。

最初に、まずは10体!という近目標しか立てていなかったので、現状ペースは落ちています。

ぶっちゃけモチベーションの波は自分の場合は2週間、というのが証明されつつあります。

焦らず取り組むつもりでしたが、しかし道のりは長いので、油断すると頓挫しそうです。

早いとこ次の数的目標を設定したほうがいいなと思ったので、今つくりました。

25パターンずつ、大きく4つのフェーズを設定。
第1フェーズでは、とにかく描くことを目的にする。
基本的な描く上でのポイントをつかめるようにする。
基本は裸体・全身で。
第2フェーズ以降は進捗を見つつ改めて。
お遍路を意識!

他に、いつまでに、という設定もやっぱ必要かなー。

何かしら変更なりあれば別記事にて報告します。

あと書き忘れてましたが、最初に使っているポーズ集はこれです。↓

【我流】画力を上げるための練習方法

 

chikaramochi

目的は画力の向上

ブログ的に言えば、去年の暮れから今年のはじめにかけて、絵の練習を記録していました。
それは、どれくらいやったか、という時間で評価していました。
(当時の記録はこちら↓)
【記録】2013年12月絵の練習量集計結果【報告】
【記録】2014年1月22日~2月13日行動量データについてと、今後のこと【報告】

当時も、恥ずかしさに対する問題について考えていました。
必要以上にハードルを上げることを避け、とにかく続けるということにフォーカスしたので、時間軸評価にしていました。

今回は、画力の向上を目標にしているので、時間では測りません。

ていうか、絵描いてんだから晒せよ!

そう、それが唯一絶対の評価基準であるわけです。

そして、前記事の内容でもって、先に自分の意図するところを表明しておくことで、公開時におけるダメージをさらに低くしておくという狙いもあったのです!

どうだ!! (←なにが!? “【我流】画力を上げるための練習方法” の続きを読む

画力アップに必要な2つの要素について ~恐怖の本質とダメージ軽減方法

a0001_013145

自分はこれまでいろいろ絵の練習をしてきました。

そして始めるたびに、中途半端にやらなくなっていきました。

結果、多少は画力の向上はあったものの、いまだ絵に自信が持てません。

絵を描いて発表することが怖いのです。

恐怖の本質

怖いってどういうことでしょうか。

恐怖の本質にあるのは、「恥ずかしさ」です。

 

うまく描けない → 人に見せると恥をかきそう → 傷つくのが怖い

なのかなと。

 

でも逆に言えば、ちょっといいかもと思えたら、人に見せてもいいかなと思う、ということです。
むしろ見てもらいたいというか。

つまり自己承認欲求ですね

人から認められたいという欲求があるのです。

自信のない絵だと、人から否定されそうだから、見せたくない。

自信のある絵だと、人から褒めてもらえそうだから、見せたい。

おお、なんという子供っぽさ。

でもシンプル。

結局、突き詰めたらそういうことなんだなと思いました。

 

以上を踏まえて、今回のテーマです。

絵の練習を始めました。

“画力アップに必要な2つの要素について ~恐怖の本質とダメージ軽減方法” の続きを読む